情報提供: ディスカバーたいはく1号
 所在地: 仙台市太白区富田字上野中
 連絡先: 太白区まちづくり推進協議会
 関連ホームページ: http://www.city.sendai.jp/taihaku/mati/discover/index.html

117 上野遺跡

模様や形が独特な上野遺跡の壺
模様や形が独特な上野遺跡の壺

 上野遺跡(富田)は、標高約二十五メートル、名取川が形成した河岸段丘の東端部に位置する縄文時代中期の集落跡。この遺跡からは、竪穴式住居跡や炉跡のほか、食物などを貯蔵したと思われるフラスコ型の土坑(穴)などが発掘されている。
 また、縄文時代前期の三神峯遺跡から出土した土器に比べ、模様も形も変化に富んでいるのも特徴の一つ。このころから、文化も技術も成熟へ向けて、大きく変化していったのかもしれない。

   


前の項目へ 次の項目へ