情報提供: ディスカバーたいはく3号
 所在地: 仙台市太白区秋保町
 連絡先: 太白区まちづくり推進協議会
 関連ホームページ: http://www.city.sendai.jp/taihaku/mati/discover/index.html

43 姉妹滝と男岩

 昔、秋保の郷にお萩とお光という親孝行な姉妹がおった。幼くして父親と死別し、盲目の母お松を助けて百姓仕事にいそしんでいたが、その母もこの世を去ってしまい、伯父の作兵衛の許に引き取られたが作兵衛は無慈悲で強欲な人であった。ただ息子の作太郎だけは姉妹を庇ってくれていたが非道な作兵衛は姉妹を羽州の人買いに売ってしまった。
 人買いに連れられ表磐司近くに来た時、姉妹は傍らの二口沢に身を躍らした。一足違いに後を追って来た作太郎は姉妹の自殺を知ると、己れも渓谷に飛込み命を断った。

 その後、夜な夜な姉妹の泣き声と作太郎の叫び声が聞こえると村民はいい合った。姉妹滝や男岩は彼等の悲願の化身であるといわれている。
 藩政時代に姉滝は石女の信仰を集めていた。

   


前の項目へ 次の項目へ