情報提供: ディスカバーたいはく1号
 所在地: 仙台市太白区
 連絡先: 太白区まちづくり推進協議会
 関連ホームページ: http://www.city.sendai.jp/taihaku/mati/discover/index.html

9 太白区の野鳥

space

ユリカモメ
ユリカモメ

オナガガモ
オナガガモ

space






 鳥たちもかれらの好みや都合にあわせて生活している。それぞれに好みの環境があり、種類によっては、ある季節だけ利用するなどさまざまである。
 春の繁殖期を取り上げてみても、シジュウカラやキセキレイのように我々の住宅の一部を利用したり、カワラヒワやヒヨドリ、キジバトのように住宅地に植栽された樹木を利用して繁殖するものもいる。また、夏鳥として渡ってきて、川原のアシ原で繁殖するヨシキリのようなものもいる。

 森を構成する樹木が年数を経て大木になり、林として安定した鈎取山国有林には大型のフクロウやアオゲラ、アカゲラなどが生息している。サンコウチョウ、キビタキ、オオルリ、サンショウクイなどは、夏鳥として繁殖のためにこの森にやってくる。

 名取川沿いやその支流ではカワガラスやカワセミ、ヤマセミが観察され、まれに夏鳥としてやってくるアカショウビンが観察されることもある。
 冬の名取川の下流域ではコガモ、マガモ、オナガガモなどたくさんのカモ類を観察することができる。カイツブリの姿を見ることもあり、ユリカモメの群れがみられる。

 丘陵地から山地にかけての上空をハイタカやオオタカが舞い、ツミが姿を見せることがある。

   


前の項目へ 次の項目へ